« 憂いの日々に | トップページ

2020/09/03

秋風の歌

この夏、しっかり生きようと自戒して、食事と歩きに気を配りました。

しばらくぶりで御苑近くの美容室へ。もう30年余りの付き合いです。

ひとり経営のイナバ先生、息子さんふたりが家庭を持ち、お孫さんも

健やかに育って親族の長として風格満点です。

先生のひとり仕事の間の話はうちの猫小紋のことにも及びます。

 カット、シャンプー、襟足手入れですがすがしく仕上がりました。

 帰りにデパ地下で揚げ物の総菜を買い、なだ万の鰆西京焼きを。日持ち

する好物です。ここからはエスカレーターで上がり、バス乗り場へ。

 バスを待っていると歩道に親しい人の姿を見つけました、呼びかけよう

と思ってためらい、なにげなく過ごして「こんな時間に珍しいなぁ」と

自分のことは棚に上げて見送りました。信号のある通りの向かい側だった

からです。新宿駅前広場ならではの風景をなんかしら新鮮に感じました。

秋空に羽衣みたいな雲が流れていました。

« 憂いの日々に | トップページ

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。