2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 寒中お見舞い | トップページ | 水道管の詰まり »

2017/01/22

初大師

 21日、初大師さんにお参りしました。長年の習慣ですが、強風の日と

なりました。品川から京急川崎駅、大師線で3駅目。朝のラッシュタイムに

乗り合わせるのは珍しいことです。

 表参道の商店はまだシャッターを開けないままの店もあり、潮風を感じながら

マフラー巻き直して歩きました。

 川崎大師大山門。大注連飾りに迎えられて初詣で。お水屋で手水を使い、

まず献香、もうもうと渦巻く香煙を身に受けて、護摩木を奉納します。

 寝たきりの妹の平癒を祈願して・・・。

 大本堂では既に御護摩修行が進んでいました。拝礼を済まして、不動堂へ。


Img_1395_8

Img_1397_3


Img_1398_3
ので
Img_1400_3


お参り済ませて、つるの池へ散策、澄んだ池水の中岩に大きな鵜が佇立していました。

この池に来ているのを初めて観たのです。長い脚、鋭く美しい眼、その大柄な姿には

一部の隙もありませんでした。潮風に乗って池に来たとすれば当分ここに滞在するのね。

 その不動の姿勢に見とれて、その眼光から「生き生きした力」を与えられた気持ちに

なりました。不動門の庭の白梅が仄かに香りを漂わせているのに気付いて立ち止まり

もう春の訪れを見越している自然の営みの確かさを思いました。

大空高く、良い日になりそうな予感をマフラーに包んで帰途につきました。

(写真上より、大山門、不動堂、つるの池、白梅) 


  


    


 

 


« 寒中お見舞い | トップページ | 水道管の詰まり »

「都会の四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78113/64794289

この記事へのトラックバック一覧です: 初大師:

« 寒中お見舞い | トップページ | 水道管の詰まり »