« 急いで鈍する | トップページ | 冬支度 »

2016/10/31

ホトトギス

路地の垣根からはみ出すように、杜鵑の花が咲いています。

「子規」とも「時鳥」とも書き、野鳥なのに呼び名いろいろの

ホトトギスの羽の斑紋に似ているのでロマンチックに感じるの

ですが、実際は葉の緑のほうが綺麗に見える花の色です。

伸び上がるように風に揺られているこの花の群れに会うと

「このひととせ、よく生きることができたかな」と自分を省みます。

 わたしの楽しみはやっぱり読書、散歩、ネット句会。単純な

ことですがこれが適当な頭の運動になっているみたいです。

 病んでいる友が漢詩の本を探して欲しいと言うので本棚

を探したけれどこれが見当たりません。

『新唐詩選』吉川孝次郎著(岩波書店)名著です。

 気がかりなことは即実施解消すべし。そうと決めて新宿の

書店へ行きましたが。何しろ新刊と違って探すのは無理です。

一度は諦めかけて、思い直してキャッシャーの女性に相談

しました。う~ん、お取り寄せ可能ですと? パソコンで版元

へパチパチっと。言って見て宜しかった。友と私のと2部です。

 3、4日後、電話を貰えます。よかった、ほんとに

Img_1362ホトトギスとサザンカ
Img_1357

« 急いで鈍する | トップページ | 冬支度 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギス:

« 急いで鈍する | トップページ | 冬支度 »