« ゴンちゃんのネクタイ | トップページ | ホトトギス »

2016/10/22

急いで鈍する

洗いものしてシンクの掃除をしていたら、蛍光灯が急に

ショボショボしだして消えてしまいました。ん、寿命尽きたのね。

 ともあれ、水仕事に気がかりあってはならないと、スーパーの

電球売り場へ。いろんなサイズが並んでいる「パルック、これだ」

目分量で幅を当たって買って帰りました。あれっ、合わないじゃん。

メジャーで長さを計り直して、また売り場へ。取り換えて貰うのに

レシートへ署名が必要だなんてたっぷり時間を費やしました。

 やぁれやれ、これで良しと思いきや、幅も長さも合うのにセット

できません。これ、点灯管も取り換えなきゃダメなのね。保存分

探すより新品買って来よう。近くのショップへと往復しました。

 これでOKでしょね まぁ~だ点灯不可。そこへ管理人のTさん

が巡回ついでに直してあげましょ、と言ってくれました。

わぁ、お願いしますッ。猫の小紋が喜んで走り回るのを叱って、

Tさんに頼ったのですが、彼女、蛍光灯あちこち抑えてみて言う

には「これって全体を新しく変えなくちゃダメのようね」ですって。

「はぁぁ、そうしましょ」数分おしゃべりして帰って行きました。

 困ったときの神頼みは利くんですよ。夕食の支度済ませて、

小紋にご飯を食べさせ、無駄に忙しくした一日を振り返っている

とき、チャイムが鳴りました。夕方、電話で依頼した小林電気の

お兄さんが仕事帰りに立ち寄ってくれたのです。

「メッセージ聞いたから早いほうが良いと思ってね」「はぁ、嬉し」

頑固者・蛍光灯の頭をポンと叩くとぱっと明るく点灯しましたよ。

「ありがとう 明日の朝って思ってたのに助かりました。もう

8時よ、これから夕飯でしょ」 お煎餅の包みをお礼替わりに

小紋を撫でてお兄さんは帰って行きました。

 いろいろ気をもませられた蛍光灯顛末です。明るいシンクで

お皿を洗いながら、終わり良ければ良き日なり、と呟いて・・・。

« ゴンちゃんのネクタイ | トップページ | ホトトギス »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 急いで鈍する:

« ゴンちゃんのネクタイ | トップページ | ホトトギス »