« 秋祭り | トップページ | 雨の大師さん »

2016/09/17

夕晴れに

秋雨前線が退かないので、降ったり止んだり、鬱陶しいこと。

その日、その時、笑顔になれるようなことを心の隅で期待して

いるのです。

 お使い帰りに路地を曲がって「ゴンちゃ~ん」と小声で呼ぶと

駐車場の向こうから出て来て距離をおいて立ち止まります。

「おいで、おやつだよ」 彼の目線に合わせてしゃがみ、例の

場所へ戻ってカリカリを置きます。食べても食べなくてもそれで

よいのです。ゴンの綺麗な瞳と長い雉子色の尾っぽは十分

人の悩みや哀しみを察知してぼくらのように生きればいいよと

慰めてくれるからです。

 「ゴンちゃん、またね」 笑顔で立ち上がると私はまっすぐに

急いで帰宅するのです。

 台風の多い秋は柘榴の実も可哀想です。これからなのにね・・・

 

« 秋祭り | トップページ | 雨の大師さん »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夕晴れに:

« 秋祭り | トップページ | 雨の大師さん »