« 雨の大師さん | トップページ | 薄黄木犀咲いて »

2016/09/26

ゴンちゃん 3

「ようやくお天気になりましたね、曼珠沙華、咲いてます」

隣りの生け垣沿いに赤い布を広げたみたいな曼珠沙華。

彼岸花も曇天続きで咲くのが遅れた様子です。木槿の下に

ひゅるりひゅるり直立しているのが律儀で優しく信心深い人

みたいです。

 青空さん、久しぶり。路地歩きついでにゴンちゃんのアパ

訪ねると階段上から駆け下りて来ました。

「元気してたのね」 雨続きに居なかったのはいつもの

叔父さんが家に入れてくれたのでしょ。たぶん。

 ふッふッ 長~いしっぽをつまんでもニャンとも言わずに

カリカリを食べ、立ち去る私を見送るのです。

 ちょっとだけの付き合い、すっかり馴染みになった付き合い

なぜか分からないけれどゴンちゃんは私の気持ちをふわり

と柔らかく包んでくれるのです。

« 雨の大師さん | トップページ | 薄黄木犀咲いて »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴンちゃん 3:

« 雨の大師さん | トップページ | 薄黄木犀咲いて »