« 芙蓉咲いて | トップページ | ゴンちゃん 2 »

2016/08/17

ゴンちゃん

二、三日に一度、夕方、通り抜ける路地があります。

 駐車場の脇に古いアパートがあり、そこにいる茶トラ猫が

ゴンちゃん。あたしの足音を覚えていてどこにいても走り寄って

来ます。やさしい感じのおじさんが通路の横に段ボール小屋を

置いてやり、カリカリと水の入った器も用意してあります。

 雨の日は母さん猫らしいのと一緒に小屋にいるのを見たことが

あり、ゴンちゃんは恵まれた環境に暮らしていると思いました。

 ここしばらく見かけないのを何処かへ遊びに行っているとばかり

思っていましたが、十日余り姿を見ませんでした。

「ゴンちゃん、帰っておいでよ」胸の内で呼びかけて通り過ぎます。

 なぜか友達みたいになって「よしよし」なんて頭を撫でて少しの

時間を遊んでやるだけ。それだけのことなのに、姿を見ないと

気がかりでなりません。

台風の夜半、ふいに目覚めてちゃんと帰ってるかな、と猫友の

心配が募ります。大丈夫に決まってるのにね。

Img_1332大きな椿の実が付いて・・・


 

« 芙蓉咲いて | トップページ | ゴンちゃん 2 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴンちゃん:

« 芙蓉咲いて | トップページ | ゴンちゃん 2 »