2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 七草粥 | トップページ | 失敗しました »

2016/01/23

初大師

正月、初大師に参詣するのが大切な慣わしになりました。

 祖母、母の真言宗信仰を思ってのことですが、加齢に従い

”祈り”についてとても考えることが多くなり、祖母からの血筋

がそうさせるのではないかと思います。

 京急線川崎から大師線で数分、川崎大師までの距離は

新勝寺へ参るよりずっと便利でもあるのです。

 表参道には強い風が吹き付け、マフラーを飛ばされそうに

なりましたが、雲一つない青空の参詣日和でした。

大山門門の注連飾りが高々と、新春の雰囲気を醸していました。

内参道は行く人、帰る人でぶつかり合うほどの混雑でした。

003手洗い場で清め

ご本堂へ。お蝋燭を納め、礼拝、家族たちへの御加護を祈り

ました。拝殿の左下で護摩木奉納。寝たきりの妹の病気平癒

を祈願のためです。今回は風邪をおしてのお参り。本陣へは

参らずに不動堂へ。「平和を祈る」ということ、「無事を祈る」と

いうことの具象のさまざまは個人の心底にあります。

それらの全てを聞し召すお大師様は即ち”宇宙の存在”と

いえるでしょう。

拝殿両脇の燈明だなに参拝者は蝋燭を奉納します。

004_3左正面から本陣の御護摩供養を拝観し、お賽銭を投じて

祈りを捧げます。写真は拝殿右側の一部。

お札所でお札やお守りを求める人々が行列してい、それを

パスして私は不動堂からつるの池を巡り、大山門から退出

いたしました。帽子、マスク、マフラーでの身なりながら、

初詣の清々しい気分に包まれて…。

« 七草粥 | トップページ | 失敗しました »

「都会の四季」カテゴリの記事

コメント

ハル子様 年中行事、それほどではありませんが、自分流に
家族に関連のあることだけしなければと思っています。
 2月は亡き母の三十三回忌で大阪の御寺へ詣りました。
新幹線日帰りはやっぱり疲れが残るようになり、老いたなぁと
自覚することしきり。頸椎症を気にしながらの日々ですよ。
 平凡凡な暮らしの中の些細な記事に目を通してくださって
有難うございます。

久しぶりに、今年の分纏めて拝見。几帳面に年中行事をこなしておいでのご様子。
安心致しました。私も教会 の高齢者(70以上)の集いに参加。いつもどこでも最高齢。
賑やかなランチの後は、片付けのみお手伝い。下の名前で呼ばれ、お姉さんとも。
お話出来る日を、お待ちしながら。


なを様  思いがけない支障が起きるのですね。楽しみが少し先に延びました。
パソコン、ご無事に帰って来ますように。ゆっくりとお待ちいたします。

こんにちは。
ご連絡です。
不覚にも悪いサイトに引っかかって、パソコンが使えなくなってしまいました。
今、修理に出しています。
いつ戻って来るか分かりません。
ワクワクの閉め切りを25日として、まとめようと思っていましたが、
しばらくは、難しいでしょう。
ご迷惑おかけして恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
急ぎ、お詫びまで。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78113/63106704

この記事へのトラックバック一覧です: 初大師:

« 七草粥 | トップページ | 失敗しました »