« 秋の鯵 | トップページ | ホトトギス咲いて »

2015/11/07

山茶花の垣根

秋天高く、麗しの日々も今日までの予想です。

朝の会合へ。時間に少し余裕あって路地の垣根で

ちょっと足を止めました。山茶花、さざんか、垣根道。

垣根の足元に花びらが散り重なってひと筋に…。

年を経た三本の木が垣根の主になっています。

高さ2mほど、瓦葺の屋根を背にして懐かしいような

佇まいはのっぽビルの町ではまことに稀な景色です。

仄かな土の匂いに秋の深まりを感じながら歩くのです。

坂道の石段を下りたマンションの植え込みにドーム型の

山茶花が数本、濃い牡丹紅の花が群れ咲いていました。

002

001

006私の住んでいる

集合住宅の植え込みには八重桜、ザクロ、紫陽花はあるのに

山茶花はありません。垣根にするよりコンクリ塀が維持し易い

との見地からでしょう。そんなこんなでなぜか秋ごとに山茶花

に惹かれる思いのあるのは、もしかしたら祖母からの遺伝で

右脳の奥に前世の記憶が宿っているせいかも知れません。

 

« 秋の鯵 | トップページ | ホトトギス咲いて »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山茶花の垣根:

« 秋の鯵 | トップページ | ホトトギス咲いて »