« 白い光 | トップページ | 山茶花の垣根 »

2015/10/27

秋の鯵

神無月は全国の神様が出雲へ行かれて留守になるので

付けられた暦の名。富士山の初冠雪の映像にもうお山は

冬支度かなと思うのです。東京の冴えた青空、長く続いて

欲しいと願いながら…。

25日、月1回の食事会を楽しみました。調理はボランティア

メンバー、地域のひとり暮らしのお年寄りと合わせて20名の

グループです。

 今月の献立は「鯵の干物」「いも煮」「茶わん蒸し」「菊酢」

「香のもの」デザートは蜜柑。

 いも煮を主菜にする予定でしたが、当日、メンバーKが鮮度

抜群の作り立て鯵の干物を差し入れて、賑やかなお膳に

なりにけり、でした。木更津の干物工場での作りたて。この味、

海辺の町でしか手に入らない美味さ。皆々大満足でした。

 メンバーHは旬の菊もってのほかを酢の物に。秋田名物です。

鶏肉,ぎんなん、海老の茶わん蒸しも良い味に仕上がりました。

 調理師が二人居るなんて贅沢ね、と言われてオッホンホン!

ゲストを迎え、和気あいあいの時間を過ごしました。

800x575

« 白い光 | トップページ | 山茶花の垣根 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の鯵:

« 白い光 | トップページ | 山茶花の垣根 »