2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 猫のく~ちゃん | トップページ | 五月の大師 »

2015/05/11

紅ばら

  春は朝  朝は七時 蝸牛(かたつむり)枝に這い

    世は 何事もなし      (ブラウニング)

春と言えない初夏のごとき五月の朝(あした)、雲ひとつない

空は何事もない象徴みたいに何処までも澄み渡って…

 集合住宅への入り口の植え込みに大きなドウダンが2株、

花が終り、こんもりと緑の小山になっています。寄り添って

二株、薔薇の木が大きく育ち、いま、わんさか花を咲かせて

います。駐車場の塀より高く高く、天空をめざしているかにsign01

「六月の薔薇って言われるのにね、もうこんなに咲いてるね」

通りがかる人たちも立ち止まって眺めたりして。

 上記の詩、「海潮音」上田敏さん訳。うろ覚えですけど(*^-^)

Comonimg_0814

Comonimg_0813

Comonimg_0816

 

 

« 猫のく~ちゃん | トップページ | 五月の大師 »

「都会の四季」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78113/61572879

この記事へのトラックバック一覧です: 紅ばら:

« 猫のく~ちゃん | トップページ | 五月の大師 »