« 紅ばら | トップページ | 梅雨近し »

2015/05/22

五月の大師

川崎大師へお参りしました。

正月、五月、九月と年参り、大阪に寝たきりの妹の

病気平癒を祈願するためですが、境内の四季の風景に

こころ癒されます。つまり自分自身のためなのです。

 護摩木に願い事、齢、名を記して納めます。本堂で

春大祭のお護摩修行が行われていました。祭壇の

脇の救世観音様にお祈りして、不動堂へ。昭和39年

成田山新勝寺御本尊のご分躰が奉安されています。

 爽やかに五月風のそよぐ境内は緑いっぱいの木々に

陽射しが照り映えて、普段の疲れが解きほぐされます。

 つるの池からひと回り、所どころで休み、深呼吸して

また歩を進めたことでした。

Comonimg_0818

Comonimg_0820不動堂の静けさ…

Comoncomonimg_0823柳の緑濃いつるの池

Comonimg_0822つるの池の鯉たちと一緒に餌をもらっている寺ネコ

Comonimg_0827一隅にひっそりと建つ松尾芭蕉の句碑。

   父母の志きりに恋し 雉の声

 この句碑は平間寺建立当時からの句碑とあります。

芭蕉さん、お参りに来られたのですね。

« 紅ばら | トップページ | 梅雨近し »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五月の大師:

« 紅ばら | トップページ | 梅雨近し »