« 冬の花 | トップページ | 天神様へ »

2015/01/01

平成27年 元日

 

明けましておめでとうございます

寝不足の目を覚まして、窓越しに遥拝の真似事。

暗く哀しい報道に胸痛んだ昨年を越えて、今年はどうぞ

平和で穏やかなひととせでありますようにと…。

 粗末な設えながら祖先・父母を祀っているので、まずは

若水汲んで、屠蘇とお節、お雑煮など供え、灯明を。

  年老いて動作の鈍くなったわが身を何処かで観ている

母たちが苦笑いしているような、しきたり粗末にしてほんと

しようがないねぇ。ごめんね、母さんとくぐもり声で言うばかり。

  お雑煮はお澄ましで三つ葉と削り節少し。2日はお味噌

仕立て。3日は鶏肉、里芋、しいたけなどで賑やかに。

 

 北風寒いだけ、初空は晴れ渡って清々しく氏神様へ初詣。

境内はまだ静かで、紅白姿の巫女さんたちもガラス戸の内

に行儀良く並んで破魔矢買う人を待っています。

 

 お鎧様から地続きの円照寺さんへ。うちは真言宗なので

こんな街中に所縁の御寺のあることは僥倖です。

柏木村であった江戸時代から今や副都心のすぐ膝元。

高層ビル群に挿まれて伝承伝える寺社の在るわが街です。

円照寺さんも参詣人はまばらで、お墓参りの水桶に正月花が

揺れていました。本殿脇の桜の下に古くからある無縁塚に

祈りを篭めて退出しました。鐘楼の鐘も椎の木も整備された

牡丹の庭にしっくりと佇んでいるようです。

Comonimg_0624正月青空と鎧神社を鳥居から

Comonimg_0626 Comonimg_0627

円照寺の庭の枝垂れ桜。 下は弘法大師千五百五十年御遠忌記念無縁塚

 

 初詣をすませて年賀状を1枚1枚懐かしんでそれから? それから

初湯を楽しみに銭湯へ…。青空は早くも雪雲に占拠されていました。

 

 本年もどうぞよろしく御願い申し上げまする。





 

 

 

 

« 冬の花 | トップページ | 天神様へ »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平成27年 元日:

« 冬の花 | トップページ | 天神様へ »