« 台風襲来に | トップページ | きのこ きのこ »

2014/10/20

ホトトギス

秋深みゆきます。頬にあたる風を冷たく感じる夕べ、

いつもの路地の家で主人が庭の片隅に矩形の深い

穴を掘っていました。大きな根を張っている椿がゴソッと

切り株になり、庭の奥に咲いている紅薔薇と秋海棠の

花の色だけが際立っていました。

「冬構えですね、御精が出ますね」 「早めに片付けたい

のですがね、なかなか捗りません」

 毎日通りかがりに眺めている私。瓦屋根の平屋を囲む

庭の趣きはもうここだけになっています。

 路地を曲がった入り口の門脇にタイワンホトトギスが

群れ咲いて、そこだけはなんとも里山みたいな風情です。

斑紋がホトトギスに似ているところからこの名が付いたの

だそうですが、秋になるとバァッと咲いて目をひき付ける

力を持っています。小さな声で花に呼びかけるのです。

「ホトトギスさん! わたし、元気に生きてるよ

Comonimg_0531 Comonimg_0529_2


 


 

« 台風襲来に | トップページ | きのこ きのこ »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホトトギス:

« 台風襲来に | トップページ | きのこ きのこ »