« 秋晴れ 秋祭り | トップページ | 台風襲来に »

2014/09/27

秋風にそよぐ

お日様は雲間に隠れたり、出たりの曇り空。

スカーフを巻いて支度を整える朝でした。

さやさや さや 細い枝を揺らして薄黄木犀が

咲きました。去年とは見違えるほど枝いっぱいに

ドーム型の一株はもう30年もの間背丈を変えずに

いて、小さな十字花を簪のように塊にして付けます。

 金木犀、銀木犀と同種なのに葉にギザギザは

ありません。 濃い緑の葉に隠れるように可憐な

ブーケの黄色は鮮明でウスギモクセイと呼ぶより

キモクセイと呼ぶほうがふさわしいほど。

 ほのかな、あまい、その香りは胸に沁み込んで

懐かしい想いを抱かせます。

「秋の挨拶に来ましたよ。お待ちどうさまでした

Comonimg_0511
Comonimg_0506  Comonimg_0505


Aさんに下枝の20cmほど切り採って貰い、花器でなく

小瓶に挿しました。母のように優しい匂いが漂いました。



 

 

« 秋晴れ 秋祭り | トップページ | 台風襲来に »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋風にそよぐ:

« 秋晴れ 秋祭り | トップページ | 台風襲来に »