« 節分会 | トップページ | 浅春 »

2014/03/01

染の小道 ことし

昨日と変わって、小雨降る肌寒い朝になりました。区報で

知った「染の小道」、3日間の中日です。どうかしら? 

意を決して重ね着して中井まで出掛けました。

10時過ぎ。駅前に大勢集まった人々はがっかりの表情

ながら、待っていました。せめて染めの反物を観ようと…。

妙正寺川、寺斉橋の上方で染め職人さんたちが渡しの

準備を始めていました。ロープ1本、向こう岸に固定して、

等間隔に留めつけた反物を川面に送ります。手際いい

作業を観ることで小雨に濡れるのも厭いなしでした。

Comon001  

Comon002  ああ、良かったね、と

カメラを手に駆け寄る女性たちも嬉しい笑顔でした。

 さて、ついでながらと川下、大正橋まで。店先の暖簾も

小物やアクセサリーもすべて染めの手作り品です。

Comon010_3 

Comon009

大正橋の川面にも染めの反物が架かっていました。

小雨に濡れ、風に揺れながら元気だぞ、と言うように。

Comon008  
  

« 節分会 | トップページ | 浅春 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、来てくださって有難うございます。お雛祭りというのに
寒くて「染の小道」の眺めも気の毒でした。妙正寺川は江戸の昔から
飲料水にもなり、下落合で神田川に合流します。染め物を川水に
晒す職人さんにとって大切な流れでした。
 新宿区の伝統工芸の中でも友禅や小紋など”和の粋”を伝承する
地域として自主活動をつづけています。
 染織店こぞって、のれんやアクセサリーなど店先に飾り、即売します。
古典柄、モダン柄など若者の関心を呼んでいます。
 私は染め小物とビーズのブローチなど買い、作り手とおしゃべりを
して楽しみましたよ。

こんばんは!
中井の染色 健在で良かったです。
nekozizouさんも寒い雨の中お出掛けした甲斐がありましたね。

この川の水を利用しているのでしょうか?
毎年思う事は同じで
伝統工芸が末永く継承される事を祈るばかりです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 染の小道 ことし:

« 節分会 | トップページ | 浅春 »