« 初詣 | トップページ | パンダカンアオイ »

2014/01/21

初大師

大寒です。やや寒さに慣れたせいか、晴天の陽射しのせいか

、歩調は軽やかマフラーにマスクの格好です。

京急・大師駅から参道に入ると、大勢の人々が繋がるように

黙々と、或いは連れとはしゃぎながら歩いていました。

  総門の大注連飾りに迎えられて、手水場に並び、お線香を

炉に投じて精進。護摩木奉納をしたあと御本堂へ。

 堂内は満席の状況で御法話が続いていました。

Comon002

 

Comon003  

Comon006 

Comon005

不動堂へお参りし、つるの池を廻って、八角五重塔の

輝きを拝して、人気のない境内の門の脇に出ると

「静嘉堂遺愛の石庭」に白梅が綻んでいました。

それは境内中の大賑わいを結界で忘れさせるかに

昔の庭の姿を留め、寛容の静けさに満ちていました。

   

« 初詣 | トップページ | パンダカンアオイ »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初大師:

« 初詣 | トップページ | パンダカンアオイ »