« 菊花壇 続き | トップページ | 雪吊り »

2013/11/30

六義園の紅葉

ここは元禄15年(1702年)に造られた大名庭園。築山泉水

は言わば人の手に成ったものですが、江戸時代からずっと

同じ土に生きて来た樹木たちは、お日様の方へと枝を伸ばし

天を仰ぎあるいは曲りくねり、その幹を眺めるだけでも木霊の

声を聞くことができます。時は今、紅葉の盛り。大勢の中の

ひとりになった私は染井門からぐるりと散策しました。

Comon           朝の光が注ぐ流れに紅は際立って

 Comon_2 流れの向こうはつつじ茶屋

Comon_2_3

Comon_3 吹上峯にて

Comon_4 吹上峯から

 下がったところの吹上茶屋でひと休み。お抹茶を頂きながら

大泉水の眺めを楽しみました。鴨たちも鯉たちも冬陽を浴びて

元気です。手入れの行き届いた吹上松の冬支度はこの後で…。

                 

 

« 菊花壇 続き | トップページ | 雪吊り »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 六義園の紅葉:

« 菊花壇 続き | トップページ | 雪吊り »