« つわぶきの花 | トップページ | 菊花壇 続き »

2013/11/11

菊花壇 ことし

晩秋の日本庭園の風趣が好きです。紅葉にはまだ早く、

枯れ色に移ろう中に山茶花の紅白が映えて…。

 

 

Comon020_2御苑の菊花壇、七か所の上屋を巡って、ひととせかけて育て

上げた菊花を観賞する歓びはまたなきものといえましょう。

 撮る人、描く人、句作する人たちを慰撫する様々な彩り

Comon               

               懸崖作り

Comon_2              大作り(裾野の輝)558本

Comon_3 江戸菊

Comon_2_3               肥後菊

Comon028_2             大菊花壇

江戸菊は古典菊、江戸時代から花の変化を楽しむ菊です

肥後菊は一重咲きの古典菊。熊本地方で武士の精神修養

として秀島流の厳格な様式で栽培されました。

大菊は花びらが花の中央を包み込むように丸く咲きます。

御苑では神馬の手綱模様に見立てて黄、白、紅の順に植え

全体の花が揃って咲くように育てます

 (新宿御苑 菊花壇展)より
            

 

 

               
 

« つわぶきの花 | トップページ | 菊花壇 続き »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、菊花壇展、ひとつずつ花の種類や咲き方の違いが楽しめます。
私も6番目花壇の肥後菊に惹かれました。その全景スナップ、見てくださいね。
 この秋は駆け足で、もう真冬の寒さとなりました。雑木林や鳥たちのこと想像し
ています。見てくださってありがとう

こんばんは!
菊花壇 見事ですね。
一年間 手をかけて育ててきたご自慢の鉢を見せていただける 絶好の機会。
肥後菊はとてもユニークな花の様子が気に入りました。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 菊花壇 ことし:

« つわぶきの花 | トップページ | 菊花壇 続き »