« ホトトギス咲いて | トップページ | つわぶきの花 »

2013/10/29

扇鶏頭

坂へ向かう道筋に白塀の家があり、塀に沿って

鶏頭花が咲いています。夕陽に照る深紅の花。

時雨に濡れながら、親花が幼花を見守っている

ような風情で直立している姿もまた美しい。

 大きな鶏冠に見えるのは芥子粒程の細かい花の

塊だから濃い色の絨毯みたいに艶っぽく重厚です。

折りよくこの家の奥さんが出て来られて撮影の許し

を得ました。

「これね、最初は鉢植え一つだったのですよ。それが

まぁ次々に増えてこんなになったんです。この細かい

種が落ちると、コンクリの隙間からでも伸びる力持ち

ですね。何にもしてやらずにいるのにね」

「祖母が秋は鶏頭が一番だよ、と言ってました。仏花

にもしていて…」と応えながら、ふと幼い頃のままごと

遊びが思い出されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Comon 

Comon010_3

 鶏頭の十四五本もありぬべし    

                       子規

 秀句がたくさんありますが、私の好きな句です 

 

« ホトトギス咲いて | トップページ | つわぶきの花 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 扇鶏頭:

« ホトトギス咲いて | トップページ | つわぶきの花 »