« 祭りに台風 | トップページ | 秋雨に »

2013/09/26

彼岸明ける

台風20号の通り道は少しずれる様子。まぁまぁ、良かった

と思うのも、京都や津などの洪水被害を他人事には思えず

怖かったからです。

  雨にうたれながら彼岸花が咲いていました。紅の糸を

精一杯ひろげている垣根の横に白い花が寄り添うように

もたれているのがあり、この花を咲かせる家族の心遣いを

察すると四季の祭祀を欠かさぬ床しさに胸が潤います。

 18、19,20…と台風月でした。けれども19日、お彼岸入り

の前夜は綺麗な十五夜の空でしたよ。

 

 夜8時過ぎ頃、都心の空に登る月を眺めました。あたりは

静かで植え込みの虫の声がかすかな音響役になっていました。

 

003

« 祭りに台風 | トップページ | 秋雨に »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸明ける:

« 祭りに台風 | トップページ | 秋雨に »