« ロールケーキ作り | トップページ | 秋の風 »

2013/08/20

雨を待つ

朝から雲行きを気にしています。びゅんと吹く風、ハタッと止んで

槿の枝先がゆらゆら揺れて、薄紅色の花弁を動揺させるのです。

北陸、北海道に被害をもたらせた豪雨、これより当地へ移動して

どんな雨を降らせようというのですか?

炎暑でからからに乾いた植え込みの石榴や木犀たちにどうか

十分な潤いを与えておくれ、と望みながら時の経過を待っています。

 

 気温34度C、湿度65、エヤコン利かせた部屋の椅子でネコは

身体をまぁるくして眠っています。

20日、降らずじまいになりました。明日を待って眠れない夜です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

21日午後4時15分、買い物帰りの道で帽子を叩く雨粒の音。

おッ、来ましたね、雷鳴遠くからと油断していたかの人々も

傘の用意していた人たちも急ぎ足です。

出窓のカーテン越しに見る激しい降り模様、隣りの普請中の

屋根から流れ落ちる雨の糸は滝を連想させます。

あたり一面を灰色に煙らせ、雨脚はやがて弱まってゆきました。

窓越しに石榴の緑の健在を確かめ、深呼吸ひとつ。

炎暑続きの中の、こんな夕暮れをそれでも待っていたのです。

 

« ロールケーキ作り | トップページ | 秋の風 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨を待つ:

« ロールケーキ作り | トップページ | 秋の風 »