« 七夕に | トップページ | 芙蓉咲いて »

2013/07/23

ひと日のいのち

7月の猛暑の頃、宅配で届いたハイビスカスの鉢を

室内に置き、毎日生まれ咲くのを楽しんでいます。

 説明書きによればハワイアン系と在来種の交配に

よる花色とか。日当たり必要でも、30度超すと株が

弱ってしまう…とあります。

 気温と風通しと水遣りがポイント。風のある日中は

外に出して日光に当ててやり、夕べからは部屋に

戻して、風通しよい場所に置くようにしました。

 花は枝頭に次々に蕾をつけて、一輪ずつ咲きます。

槿と同じ朝開いて夕べに閉じる一日のいのち

「おはようさん、綺麗ですよ」と言い、「ありがとう

と別れの声をかけてやります。それだけのことなのに

こころの奥がほんのり潤みます。

 この花の送り主はどんな人かって? それは内緒です。

 「秘すれば花」というではありませんか。

Monmo001

 

« 七夕に | トップページ | 芙蓉咲いて »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひと日のいのち:

« 七夕に | トップページ | 芙蓉咲いて »