« 紅薔薇 | トップページ | 梅雨入り »

2013/05/21

雨の大師詣り

川崎大師さんに案内してくださいな、とMさん。

正・五・九にお参りしていると話したことがあって、

私は寝たきりの妹に御加護をお祈りするためという

目的だけれど、彼女も入院中のご主人の経過を心配

しての電話だった。

 20日、朝から雨。品川駅で待ち合わせて京急で

大師駅へ。春大祭の参道は出店もなく、参詣者の傘も

まばらだった。

 午前10時半。雨の大師も良いですね、静かな雨だし

人ごみはなくてゆっくりお参りできるもの。

 お水屋で清め、献香、お護摩(護摩木に病気平癒と)

を託して大本堂へ。「どうぞ中へお入りください」とあり、

私らも御堂内、護摩壇の前でお祈りすることが出来た。

「南無大師遍照金剛」合掌し、ご宝号をお唱えする。

 護摩壇に向かって左側奥に救世観音菩薩様。端正

優麗な立像の前に座していると心の安らぎを覚える。

そう話すとMさんは大きくうなずき、微笑むのだった。

大本堂から少し下がって福徳稲荷神社と不動堂がある。

不動堂は昭和39年落慶、成田山新勝寺御本尊ご分身

が勧請、奉安された。堂内に上がり、祈願できる。

「近くで拝むと凛々しくて、俗っぽく言うと男前なのね!」

Mさんのご主人も評判の男前、ご利益ありますように。

Midori002 Midori004

大本堂から不動堂へ。  つるの池には睡蓮が咲いて…

« 紅薔薇 | トップページ | 梅雨入り »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雨の大師詣り:

« 紅薔薇 | トップページ | 梅雨入り »