« 春の嵐 | トップページ | 八重のお花見 »

2013/04/10

桜葬メモリアル

7日朝、強風の中を町田市へ。年一度のメモリアルに

参加しました。平年なら山辺の桜の満開になる頃ですが

今年は山桜も彼岸桜も散り終えて、八重桜だけの眺め

でした。

11時、フォレストパークの東屋前で井上治代代表の

挨拶と「桜の花を待つこころ」の朗唱、ついでそれぞれの

墓所前に移動し、日蓮宗の3人の僧侶さんが各墓前で

勧請、読経。最後のお題目と共にお坊様に唱和して

一同も散華します。「回向文(慰霊の言葉)」で式次を終え

それぞれが縁の場所で香華を手向けてひとときを過ごし

ます。

山風強くあれど、抜けるような青空に、遥か南の横浜港

が望まれました。午後の部では神道の儀礼とキリスト教

の礼拝が行われました。

 午前の部と午後の部に分かれてのメモリアルの儀式は

初めての試みでしたが、年毎、参加者の増加する慰霊式

としては賢明なる方策だと思いました。

Midori Midori004

Midori002

« 春の嵐 | トップページ | 八重のお花見 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桜葬メモリアル:

« 春の嵐 | トップページ | 八重のお花見 »