2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »

2012年3月25日 - 2012年3月31日

2012/03/27

春愁

ようやく春めいて、やれうれしや…の心地は忽ちの内に

哀しみに変わってしまう、それを幾たびも経験したため

春愁の二文字にはことのほかの思いがあります。

 親しみ、愛しんだ高齢の友が旅立ちました。御霊安かれ

と祈り、嘆きを胸中に収めるばかりです。

 それとは別に、ここ2年、わたしをサポートしてくれた若い

女性が職を離れ、新しい仕事に就くと打ち明けてくれました。

「新しい門出、おめでとうcherryblossom」と言って、カランコエの花の小鉢

を餞に贈りました。心から別れを惜しんで…。

 いつもの年は2月下旬に開く沈丁花がいま咲いています 。

あたりに漂う香りさえ切なくほのかに感じられました。

Smidori Smidori_2

 隣りのスタジオの入口には大きな泰山木があり、その幹を

守るように馬酔木が育ち、花盛りになっています。小さな鈴を

連ねて垂れる花は私の拙い句作りにヒントを与えてくれる大切

な存在なのです(写真右)

 どちらもなんだか”春愁”めいた淡い淡いカラーです。

« 2012年3月18日 - 2012年3月24日 | トップページ | 2012年4月1日 - 2012年4月7日 »