« 悲哀よ! | トップページ | 大晦日 »

2012/12/22

冬至

 北半球の太陽の高さが最低になり、昼のいちばん短い日。

古くから身を謹んで冬を乗り越え、春を待つ日。そんな故事

仕来りと言うのではなく「冬至にゃ、柚子、南瓜、蒟蒻よ」と

祖母に教わったものです。

 冬至を越せば日がしだいに長くなり、やがて春が訪れる、

即ち「一陽来復」を願って食し、身体を温める湯に浴すると

いう行事として伝承されてきました。

 私は銭湯の柚子湯。いつもは日変わりのくすり湯の浴槽に

太陽の色の柚子が浮かび、柚子の香りが立ち込めます。

「良いお湯でした」とフロントのKさんに挨拶して、残照の空

を仰ぎながら坂道を帰ります。

 夕餉は、南瓜入りお粥、ふろふき大根の柚子味噌、春雨と

蒟蒻に刻み柚子サラダ、さわら祐庵…。祖母の写真に供えて

ひとり膳に向かいます。

 冬至粥の空鍋を洗うとき、この年がどうやら恙なく暮れゆく

ことに安堵して、故人への想いが静かに胸を過ぎります。

若い世代の家庭にも現代風の献立の中に活かして貰いたい

しきたりの一つだと思います。私の冬至、お粗末さま

 

 

« 悲哀よ! | トップページ | 大晦日 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至:

« 悲哀よ! | トップページ | 大晦日 »