« 風雨のあと | トップページ | 菊花壇展 »

2012/11/03

晩秋

天高く澄み渡った空は束の間、季節は急ぎ足です。

冷気に背を押されるような朝、わが植え込みの石榴の実は

弾けて落ちてルビー色の粒をあちこちに飛ばしていました。

 駐車場脇に高く伸びた紅薔薇の実が隣り合うユッカの開く

のを待つかのように風に撓む風情。もう春への支度なのね

地域センターへ行くいつもの路でピラカンサと杜鵑を見ました。

 鉢植えの菊、シコンノボタンを除いては花の少ない淋しさを

鳥たちのために色づいた実が慰めてくれるのです。

Midori002 Midori005

Midori001 Midori004_2

 

« 風雨のあと | トップページ | 菊花壇展 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋:

« 風雨のあと | トップページ | 菊花壇展 »