« 夏の名残り | トップページ | 晩秋 »

2012/10/06

風雨のあと

あぁ、変わりやすいは秋の空。天高く晴々を歓んだ途端

風吹き、雨降り、めまぐるしく変化します。これが十月の

空模様なんですね。

 夜中の土砂降りが通り過ぎた朝、植え込みの薄黄木犀

の大半が土の上に散り、十字花のモザイク模様を描いて

いました。分厚い葉の間からパッと咲き出て、朝の光に

きらめきながら仄かに甘い香りを漂わせていたのに……

 Midori Midori_3

こんもりとドーム型のこの木はどこにもない秋の天使です。

薄黄木犀=絶滅危惧種。緑濃い楕円形の葉はつるつる

してギザギザのないのが特徴です。

 風に叩かれてか石榴の実も枝先のが落ちてしまいました。

それでも塀沿いのはいくつか無事。後続の実の育つのを

見守るように揺れていました。

Midori_4 Midori003

 それとなく見回り、風や雨に備えのない草木花たちを

気遣うのは住み慣れた人々の務めになっているようです。

« 夏の名残り | トップページ | 晩秋 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なを様 お久しぶりです。来て頂けて嬉しいです。
金木犀、この香りこそ秋全開と思います。
 わが植え込みの薄黄木犀は一度散ってお終いかと思ったら
また咲きました。枝先いっぱいに咲いてもう満開です。
 なぜ二度咲きしたの…なんて不思議がられています。
銀木犀は剪定のせいでまだ蕾もつけません。木犀はデリケート
なんですね。こんなこと思ってるうちに初冬になりそうです。
 どうぞお風邪など召しませんように(*^-^)

こんばんは。

こちらへはお久しぶりです。ごめんなさい。。。

我が家の金木犀は今が盛りと咲いて香っています。

本格的に寒くなるまで、しばし秋を満喫したいと思っております。

季節の変わり目、ご自愛くださいませね
  

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風雨のあと:

« 夏の名残り | トップページ | 晩秋 »