« 川崎大師 五月 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2012/06/08

紫陽花 競う

梅雨入りまじか。今日の日差しはもしかするとラストなのかしら。

そう思わせる鈍い光を受けて、紫陽花が咲いています。

たわわな毬の群れが、白から薄紫へ、濃い紫へと競い合いながら

庭先や植え込みをほのかに明るく染めてくれます。もしも、この花や

純白のクチナシがなければ、なが~い梅雨の季節はどんなにか

味気ないものに感じられるだろう。路地を歩きながらそう思いました。

 わが植え込みの山紫陽花は太陽の恵み少なく見ごろにはまだ日数

が足りません。で、散歩中に良く咲いている隣り町のを撮りましたよ。

Midori_001Midori_003

 

 わが植え込みの柘榴の自慢をたびたびで恐縮ですが、六月の声で

待ってましたとばかり緋色の花を咲かせております。これまた朝な夕な

ぽっぽっと増えて、住人の眼を楽しませてくれます。

剪定した古木に若枝を張って断固としているところがなんか偉~い

このたびはその一本の木勢をも見ていただきましょう。頑張るッ子です

MidoriMidori_2Midori_3













« 川崎大師 五月 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、関東も梅雨入りですね。紫陽花の季節とは言え、
鬱陶しさが気持ちまで沈み込ますのをリセットしなくては…。
 私の場合は情けなくも近所歩きと読書しかありません。
でも、努めて元気よいおしゃべりなどで柘榴の元気さに負けない
暮らしのリズムを保つことにいたしましょう

こんばんは!
きょう東海地方まで梅雨入りしたとの事、関東も明日あたり 入梅となるでしょうか。
紫陽花も綺麗に色づいて 雨の季節を待っているようですね。
お馴染みとなった柘榴 はっとするほど鮮やかな色ですよね。
剪定された木から若い枝が・・・たくましいですね、
それに この花数 実の頃も楽しみですね♪

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花 競う:

« 川崎大師 五月 | トップページ | 梅雨の晴れ間に »