« カンアオイ ことし | トップページ | 芽ぶきのとき »

2012/02/28

マンサク

寒いかな、だけども春を探しに行ってみようと思いました。

曇天の朝、東京マラソンの朝9時過ぎ。新宿御苑はまだ

目覚めたばかりでカメラマンらしい2、3人の姿しかありま

せん。まず水仙をと慣れた路を辿りました。

 クリスマスローズはたった二株しか咲いていません。

三角状の群生地に「まだ、支度中なのよ」と言う按配で

小さな蕾を隠していました。一番咲きね、あんたは

Smidori Smidoriimg_1934

さぁ、中の池へ。お目当ての許へ早足です。橋から望む

春の先駆け、マンサクは薄い黄金色の霞のように枝を

広げていました。「見頃を迎えましたよ」と。

Smidori_2 Smidori_3

池水は曇り空を映し、光線を失っていてもなお待ちわびた

この花にこころ充たされた私、カリンの木に来るヒヨを眺め、

日本庭園を楽羽亭へ…。ここには三三五五、梅見客が訪れ

ていました。「まだ蕾ですね、これからですね」それでもまぁ、

咲き初めた紅梅にレンズを向けるのです。勿論私も…。

Smidori_4 Smidori_5

あと数日経てば梅見で賑わうことでしょう。例年より3週間も

遅れているとか、木々花々はなんと几帳面に春の訪れを

知っていることかと、可愛く開いた二輪を土産話の主役にと

撮りました。帰路の熊笹の細道もご覧になってね

Smidori_6 Smidori_8

かくて早春の息吹に触れた散歩を無事に終え、マフラーを

巻き直して足取り軽く、賑わいの巷に入りました。おしまい。

« カンアオイ ことし | トップページ | 芽ぶきのとき »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マンサク:

« カンアオイ ことし | トップページ | 芽ぶきのとき »