« 北風寒い | トップページ | 雪の朝 »

2012/01/09

ゆずり葉のこと

友のひとりから”ゆずり葉ってどんな葉?”と聞かれ

ました。どんなって実際に見たことがなければ、説明

しても判り難いでしょ。ほら、「お正月さん来たよ」って

昔の里謡あったでしょ。「お正月さんござった 何処から

ござった? ゆずり葉に乗ってゆずりゆずりござった♪」

それでね、〆飾りやお鏡餅にあの緑の葉つけるわけ。

縁起を譲り受けて子孫が栄えるようにの意味ですよ。

そんなこんな話からちょっと考えさせられました。

 そして三が日過ぎた朝、お年賀に寄ったH家の庭の

ゆずり葉を撮らせて貰いました。古い立派な喬木です。

Smidori

「ゆずり葉」==トウダイグサ科の常緑喬木、葉は長楕円形

で厚く滑らか。初夏に花をつけ、秋に暗緑色の実を結ぶ。

新葉が成長してから古い葉が落ちるのでこの名がついた。

一名親子草、譲り譲る…代々の意味から正月の飾り物に

用いられ、この名は清少納言の「枕草子」にも「親子草の

いみじうさやかにつやめき…」と述べてある。

                     新潮国語辞典より

« 北風寒い | トップページ | 雪の朝 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

またもや、ご無沙汰してしまって、ごめんなさい。

「ゆずり葉」について、教えてくださってありがとうございます。

改めて記憶を新たに出来て、お勉強になりました。

また色々お教えくださいね。

楽しみにしています

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゆずり葉のこと:

« 北風寒い | トップページ | 雪の朝 »