« ゆずり葉のこと | トップページ | 節分は »

2012/01/24

雪の朝

首都圏に二度目の雪。といってもたかが4cmの積雪

でしたが、オォッとばかり一変の景色を眺めたのは

北国の豪雪地帯を思えば笑止千万なことでした。

青空に輝く白銀を記憶しようと滑らぬようにひと歩き。

見慣れた植え込みの雪化粧に草木の頑張りを感じて

春遠からじ…と呟いたものです。

Smidori24 Smidoriimg_1894

Smidoriimg_1896 Smidoriimg_1897

ふんわりと雪帽子かぶったドウダンとユッカ。

植え込み出口の向こうに白い街角が見えます。

 裏の八重桜の幹の薄化粧は朝の光にはや融けて

すでにもう春の芽吹きの支度に追われているようです。

 ニュースでは高速道路のスリップ事故1100件以上、

都内の道路での転倒240人以上…。

 用心ぶかい人、思わず転ぶ人、都会に潜むいろんな

人の性格をも映し出す雪の朝でした。

« ゆずり葉のこと | トップページ | 節分は »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪の朝:

« ゆずり葉のこと | トップページ | 節分は »