« 新年 | トップページ | ゆずり葉のこと »

2012/01/06

北風寒い

正月の空の青さよ

日本海側は数メートルもの積雪というのに、太平洋側は

晴天です。しかし、乾燥度30%とピリカラお天気。

アオさんは植え込みの草花たちへ水やりを欠かしません。

例年は実を落としてしまうのに、なんとまぁ、石榴は実を

つけたまま新年を迎えました。裸の枝に残されてなお

頑張ってるのよ。「小寒です。冷えますよね」

北風寒き霜のあした…って歌のように、ね、石榴たちは

こんなふうに頑張ってます。

Smidori Smidori_2

上枝の実はお仲間がいて賑やかでも下枝のは

「ぼく、ひとりぼっちよ」って嘆いてます。

« 新年 | トップページ | ゆずり葉のこと »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

志田さま この冬は寒かったですね。桜が開花してもなお
北風の日があって、裏日本は雪…、
♪北風寒し 霜のあした~~の歌ですが、少女の頃に
毬をつきながら歌ってました。題名、覚えていませんので
だれかしっかり覚えている友人に訊いて、お返事します。
しばしタイムをくださいませ

こんばんは。

2012/01/06付、北風寒いのタイトル記事中に、「北風寒き霜のあした---」って歌のように、ね、---の文が

目に入りハッとしました。 以前から好きな歌ですが、タイトルが不明で、長年探していました。 題名は何と

言うのでしょうか。 ちなみに、うろ覚えですが、あした---の続きは、「緑の夏の夢を語り、ポプラの枯れ葉は

雨と散る、ハラハラ---」と記憶しています。  よろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北風寒い:

« 新年 | トップページ | ゆずり葉のこと »