« 秋祭り | トップページ | 秋の大師で… »

2011/09/19

彼岸入り

さしもの暑さも衰えを見せ、明日はお彼岸入り。

青空に絹雲が流れ、時折さっと吹く風はまさに秋。

胸深い哀しみは尽きないけれど、ユッカの前に佇んで

大震災から半年、帰り来ることのできない魂たちの

ために祈りました。                       

Smidori この夏の不順天候に人も植物も振り回されてどこか

正常に欠ける様でしたが、自然の営みの確かさには

脱帽です。その証拠が一つ、気にしていた柘榴の実

です。花のあと小粒の実がデコボコしていたのですが

どうやら例年通りに色づき始め、このようにと撮って

みましたよ。ほんのりと歓びにじむ指先で……。

Smidori_2 Smidori_3 Smidori_4

« 秋祭り | トップページ | 秋の大師で… »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
あいにくの彼岸の入りとなってしまいましたね。
私は 早々とお墓参り済ませたので やきもきしなくてすみました。
柘榴の木 何本もあるのですね、
実も沢山なって・・・柘榴酒などにいいかもですね(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸入り:

« 秋祭り | トップページ | 秋の大師で… »