« 彼岸入り | トップページ | 木犀の香り »

2011/09/21

秋の大師で…

誰からも指示されずに自分勝手に決めた役割があり、

それを守るのは気持ちただひとつってことあります?

年三回、川崎大師へ参詣するのも私の脳内にそんな

役割に従う快さがあるからです。

 いつものように護摩木に妹の名を記して病気平癒を

願い、御本堂で大師様、救世観音様にお祈りします。

Smidori

 二十一日は台風襲来の予報あり、二十日朝のうちに

お参りした後、雨に濡れた緑を愛でて「鶴の池」へ…。

Smidorismidoriimg_1748 Photo Smidori_3 水面では亀さんがあちらこちらで活動中でした。

泳ぎの下手な子亀を見守る者(上左)、枯れ葉に隠れ咲く

睡蓮へと泳ぎ寄る者(上中)、孤独を愛する者(上右)、

それらの動きをぼんやりうっとり眺める私…。

曇り空の弱い光線に池水に映る緑揺れて沈黙の時の流れは

鶴と亀の時間そのものでした。

 

« 彼岸入り | トップページ | 木犀の香り »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の大師で…:

« 彼岸入り | トップページ | 木犀の香り »