« 帽子展示会 | トップページ | 未来へ… »

2011/06/10

泰山木の花

紫陽花は梅雨空の憂さを慰めてくれます。雨の中で

いくつもの手毬が微かな風に揺れているのは、移り

変わる色とともに保ついのちを喜ばしく思うのです。

 もうひとつは隣家の標識にされている泰山木です。

ほかでは見られない大木の濃い緑の葉に隠れて咲く

純白の花を待ち、晴れ間の空に向いて開く花の数を

数えて「できるだけ長く咲いていてね」と呟きます。

北アメリカ原産の常緑喬木、高さは六メートル以上

あります。葉の茂みからスイッと覗く蕾をつけ、

大きく開いてゆくさまを見守る嬉しさは格別です。

Smidoriimg_1659 Smidoriimg_1661

 泰山木鏡なす葉に咲かむとす     秋桜子 

この花を詠んだ句の中で私のきな句、実感的な写生句

です。咲かむとす…に清純な気品が籠っています。

« 帽子展示会 | トップページ | 未来へ… »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なをさん。 お久しぶりです。句会でお世話になっております。
ありがとうございます。六義園の花を思い出しました。また
新宿御苑にもこの木があり、ちょうど見頃に眺めたことがあり、
その場、その場での景色に伴う思い出を大切にしています。
 コメントを寄せてくださる、なおさん、zuccaさんは超大切な
大切な存在で、私を幸せにしてくださいます。嬉しい

こちらには、お久しぶりです。

5月のパソコンの初期化以来、あちこちにご無沙汰ばかり…
やっとお邪魔できました(^^)

泰山木
私も大好きです♪
でもあんまり逢えなくて、最初に出逢ったのが六義園。
超感動しました。

今年は吟行した日比谷公園で思いがけず出逢えて
嬉しかったです。

本当に素晴らしいお花ですよね~

zuccaさん。
泰山木の花がお好きと解ってとても嬉しいです。ご実家でも、
今のお住まいでもお身近な花だったのですね。
 白い花好きの私ですが、この花は梅雨期の女王さまだと
思っています。咲き終えてぱさっと散ってゆく風情に、なんとも
言えず潔さを感じてしまいます。
来てくださってありがとうございます。

こんばんは!
タイサンボクの咲く頃となりましたね。
我が家から見下ろす位置にタイサンボクの木があるので、上から花を見ることが出来ます。
私もこの花が大好き、なぜか惹かれます。
実家の近くにもあったので 懐かしいお花だからかな?
梅雨空が続いてお散歩もままなりませんね。
秋桜子さんの素敵な句 紹介有難うございます♪

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泰山木の花:

« 帽子展示会 | トップページ | 未来へ… »