« 小さな春が | トップページ | 新宿御苑へ »

2011/03/28

パンダカンアオイ

なんといっても木に咲く花よ…と長い間思っていた私です。

それが根茎植物のカンアオイに出会い、愛しく思うように

なったのは花好きの友Kさんと話すようになってのこと。

四年前、珍しい花鉢を貰ったから見てごらん…と言われて

鉢の根元をそっと覗いたのが、パンダカンアオイとの初

対面でした。春先、銭湯フロントの出窓に置かれるのを

観賞しています。この春はまだ出番にならないなぁ、と

待ちわびていた春分の日、ふいに登場してくれました。

「おッ すご~い! たくさん咲いてる、綺麗ですね

Smidori Smidori_3

Smidori_4

Kさん、リボンで葉茎を持ち上げて、良く見えるように

してくれました。

根茎の周りをぐるっと12輪(?)のパンダが開いて

いました。「こんなにたくさん初めてですね

彼女の話は去年秋から冬へ放置していた鉢がいつの

間にやら葉を活き活きと甦らせていたことに……。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

寒葵=Asarum nipponicum ウマノスズクサ科

うす暗い林床に多い多年草 秋~春の半年、地表に

埋もれるように咲く。花のように見えるのは3枚の萼片

で、萼筒は先がくびれず、直径2㎝。

日本だけで約50種類あり、中国、アメリカにも多い。

ヤマトカンアオイ アツミカンアオイ イズミカンアオイ

キナンカンアオイ ツクシカンアオイ(緑花)など。

パンダカンアオイ イワタカンアオイ コシノカンアオイ

など2~3月中下旬に開く。コシノは黒花系、ヤマトは

銀紫系、ツクシは緑花…とそれぞれ異なる特徴がある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記はグーグルにて検索、適当に抜粋しました。

興味を持たれたら「カンアオイ」で学術的な解説をどうぞ!

« 小さな春が | トップページ | 新宿御苑へ »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パンダカンアオイ:

« 小さな春が | トップページ | 新宿御苑へ »