2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »

2010年6月6日 - 2010年6月12日

2010/06/11

ネズラー? 

「週刊新潮」6月17日号の荻野目慶子さんの

連載コラム「オギノメ猫の目」はネズラー誕生!

という面白テーマだった。へぇーッと驚いて、読んで

なるほど納得♪ 私の好きな根津美術館に開館前

から行列が出来てる…って。お客は英語、中国語、

韓国語飛び交うインターナショナル・モードですって。

 もう以前の根津美の古典的静けさは消え失せて、

輝く黒い瞳、青い瞳、茶の瞳に見つめられている

国宝「燕子花図屏風」もさぞびっくりのことだろう。

 こんな様変わりのわけは、昨秋、竣工開館された

素敵な本館の明るく自由なムード。建築家・隈研吾

氏の斬新な設計に依るところが大であり、彼の技が

「ネズラー」を生み出したということになる。

 私が訪ねた開館から間もない11月には、まだまだ

従来の枯淡な雰囲気だった。その時の写真をも一度

載せてみよう。とりわけ気に入りの茶室のある庭が

ネズラーたちの騒音に邪魔されないよう願いながら。

(左・ロビー  右・新館前庭  下・池水に浮かぶ舟)

Smidori_3 Smidori_4

Smidori_5

 

2010/06/08

梅雨近し

急ぎの旅から帰ると、約束していたお見舞いを済ませ

ほっと一息ついたところです。しばらく見なかった裏庭の

植え込みに、紫陽花が咲き始めていました。南天の白い

箒のような花がもっと空へ近づきたいというように背丈を

伸ばしています。あれっ、葉桜の脇に、俯いているのは

エンジェルトランペット。いつの間にここへ来たのかしら。

 風に揺らぐビヨウヤナギの花の蕊はメルヘンティック。

紅を増したグミの枝はまだ幼くて子供たちの興味の的

になっています。ご老人が車椅子を押す娘さんに話かけ

て植え込みに近寄り、静かに柘榴を見上げました。

「花が咲き始めたね、可愛いね」と呟くような声で…。

Smidori Smidori_2 Smidorismidoriimg_1341

Smidori_3 Smidoriimg_1342 Smidori_4

Smidori_5Smidori_6   梅雨入り前の親しい花たちの

色合いをご覧くださいな。右上・グミ、左下・柘榴。

« 2010年5月9日 - 2010年5月15日 | トップページ | 2010年6月27日 - 2010年7月3日 »