« ネズラー?  | トップページ | 読書ナウ! »

2010/07/03

梅雨・つゆ・読書

南日本は豪雨、東日本は湿舌、この梅雨の鬱は

気持ちを湿らせて果てしなく続くようです。

 それならば考えながら読むことにしよう…私の

本棚には何度も読み返して飽きない新旧の作家の

本があります。幸田文さん、永井龍男さん、山本

健吉さんの随筆、大江健三郎さん、三浦哲郎さん、

の小説など。

 気分に従って時代小説もよく読みます。そして今

読んでいるのは『法隆寺の謎を解く』(武澤秀一著)

かつてこの欄で「インドの塔 日本の塔」の題で載せた

本です。読みながら、唐招提寺の戒壇や薬師寺の塔を

思い出して、旅した風景の印象を懐かしみました。

その時、撮った写真をピクチャからもう一度ここに。

Photo Photo_4

2 Photo_5

(写真上・唐招提寺 戒壇への道と戒壇

 写真下・薬師寺東塔と回廊からの景色)

なお、塔についてはブログ「インドの塔 

日本の塔」を参照してください。

« ネズラー?  | トップページ | 読書ナウ! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨・つゆ・読書:

« ネズラー?  | トップページ | 読書ナウ! »