« 八重桜の頃 | トップページ | 蘭子 最盛 »

2010/04/25

ことしの牡丹

晴れ晴れと牡丹日和。朝の散歩道を圓照寺さんへ。

庭師さんが境内中に水撒きしていました。スダシイの

若葉は空高くひしめき、鐘楼脇に八重桜が満開の

枝を撓わせ、静まっていました。

「よく咲きましたねぇ」「この分じゃ早く盛りを迎えます」

会釈に応えて門の内側の牡丹を指差してくれました。

本山長谷寺からの移植とのことですが、年ごとに色数

増えて、遠くから来る人々を歓ばせています。

境内の牡丹から順に並べて、その一端を披露します。

Smidoriimg_1301 Smidoriimg_1302 Smidoriimg_1303

Smidoriimg_1306 Smidoriimg_1304_2 Smidoriimg_1308

« 八重桜の頃 | トップページ | 蘭子 最盛 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

今年の牡丹はよい牡丹、口ずさみたいような素敵な花の
数々。四月半ば、浜松へ友人の作品展を観に行き、三箇所の
お寺巡り。その一つに石楠花が見事でした。いつの間にか
自分のイメージで花の色を思っていましたが、実物はもっと
いろいろあることを知りました。身近な都会にある季節を
いつも有難うございます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ことしの牡丹:

« 八重桜の頃 | トップページ | 蘭子 最盛 »