« ことしの花見 | トップページ | ことしの牡丹 »

2010/04/21

八重桜の頃

Smidori Smidori_2

裏の西の植え込みに3本、南側に3本の八重桜が

満開になった。好天になり、花も満足そうだ。

 八重桜が好きで大阪の造幣局通り抜けに出かけ

ていた亡き友を思い出し、懐かしむ。一に八重桜、

二に牡丹、三に花菖蒲よ、と言うのが癖だった。

 私はそれほど凝らない。敷地入り口のドウダンが

小粒の鈴のような花を咲かせて、精一杯に陽射し

を吸いこもうとしている。そっと覗き見ると蜂がいた。

Smidori_3

裏庭は蒲公英の運動場みたいで、花を踏まずに歩く

のは難しいほどだが、待ち望んだ春の贈り物だもの

綿毛になるまで守ってやりたい。

 黄色の花の見事さはやはり山吹だと思われる。

裏庭から数軒先の路地の家に山吹が一段と見事に

咲いているのを立ち止っては褒めている。この古い家

の庭は四季を通して人々を愉しませてくれるのである。

Smidori_4 山吹の八重の後は花菖蒲と

鈴蘭の出番で六月は薔薇が長く咲き続けて愉しみだ。

              

« ことしの花見 | トップページ | ことしの牡丹 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重桜の頃:

« ことしの花見 | トップページ | ことしの牡丹 »