« 一隅の春 | トップページ | 花に嵐… »

2010/03/15

鯵の押し鮨

千葉市の友(昔の同僚)に”ももくり会”のことを話したら

「手作りの押し鮨、送ってやるよ」という。20人分、OKだ

という。14日午後1時までに会場に着くよう手配してくれ

ました。

 この日は薄茶と和菓子での茶話会。お茶が終わって

しばらく時を置いてから、お鮨と煎茶にしました。

昨今、自作の道具で押し鮨を作ることプロ並みとなり、

地元の催しやサークルから注文を受けて、趣味が実益

となったと聞くと、さもありなんと思いました。ハゼ釣りに

同行すると、その場で素早く刺身にして食べさせて

くれるほどの包丁さばき、旨いもの好きだったからです。

 スーパーの食材では出せない美味ですね、とみんな

歓びました。「美味し~い」の声に、経緯話した私も

満足、満足。自分の折は持ち帰って食しました。

      Smidori

「素敵なお友達を持っているのね!」とメンバーが感心

してくれました。「夫婦で元気に暮らす手段、成功よ」

内心の悦びを飲み込んだ私はさりげなく答えました。

この春、一番の味のプレゼントでした。      

« 一隅の春 | トップページ | 花に嵐… »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なをさん。嬉しいです。私もぐずの大忙しで
ご無沙汰しました。
博多では押し鮨をお作りになってましたのね。
 手作りの味が思い出を誘ってくれました。
箱鮨と言って神戸での頃、よくいただいた祖母
の味です。お彼岸を迎え、海の幸もしだいに
美味しさを増しますね。楽しみです

nekozizouさま

ご無沙汰してごめんなさい。
なにやかや、バタバタの毎日です。

鯵の押し寿司美味しそうでうね♪
私も博多に住んでいた8年間、しょっちゅう鯵を釣って
簡単なお寿司を作り、刺身にした鯵をしきつめて…
なんてこと、よくしておりました。
んーん 懐かしいなぁ~~

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯵の押し鮨:

« 一隅の春 | トップページ | 花に嵐… »