« 国立新美術館 Ⅱ | トップページ | 追儺(ついな) »

2010/02/04

雪解けの梅

Smidori_7 残り雪の節分となりました。風邪引きの隣人に代わって

処方箋を受け取りに出かけた帰途、成子天神様の鳥居

の側にぽつぽつと梅の花が咲いていました。

あ、嬉しい…と境内へ入り、狛犬さんにお辞儀して拝殿へ。

天神様の家族衆は総出で雪掻きの最中でした。

午後から節分会の祭事、豆まきで大勢の人が参るからです。

「ご精励ですねぇ」と若い女性に声をかけ、拝殿右側の

古木梅を愛でました。早すぎたかしら、という風情で

白梅が開いていました。清楚な天神様の春の使者です。

                Smidori_9

Smidori_8  文政十三年建立の狛犬

Smidori_10

« 国立新美術館 Ⅱ | トップページ | 追儺(ついな) »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、お鎧様の節分は年々にぎやかになるよう
です。そう感じるのはなぜなのか解りませんけれど。
もしか、子供たちが増えたせいだというなら嬉しいのですが。
 この日、みんなの後ろから豆まきを見ていて、幼い子に
みかんを取ってあげたりして、私はポケティッシュを1個
ゲットして帰りました。煎り豆たくさんありましたから

真冬の青空に 白梅が生えますね
天神様の春の使者 これからが楽しみですね。
古木は風情があって良いです。
神社の豆まきも行った事がありません。
楽しそう~。
nekozizouさん ゲットできましたか?

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪解けの梅:

« 国立新美術館 Ⅱ | トップページ | 追儺(ついな) »