« 根津青山の庭 | トップページ | 寄席は出前で… »

2009/12/14

赤き実よ

師走入りしてなお寒暖の差の激しい日々に薄着と

重ね着を繰り返したりしています。

年忘れの「ももくり演芸会」を催した日は穏やかに

晴れて17度の気温に汗の滲むほどでした。でも、

今週は確かな寒さに戻り、年の瀬らしく感じられます。

先日、造園会社が暮れの手入れをした植え込みを

ひと巡りしました。トランクルーム並んだ裏側の南天

がひっそりと実をつけていました。奈良の聖林寺の

南天の庭を想いながら鮮やかな赤さを悦びました。

 敷地入り口の古いドウダンツツジの紅葉は

もうひと月も眺めを愉しませてくれています。

 この春、雑草と一緒に引き抜かれかけた若木の

千両。通りがかったSさんが「捨てないで、場所を

移してください」って怖い顔で頼んだので、裏の

駐輪場横の植え込みに移植、やっと助かったのです。

小柄な枝に可愛い実を結んでくれました。質素ながら

建物を取り巻く植え込みの冬をみんなでいとおしんで

います。どの木々も親しい友だちになっていて…。

Smidori

Smidori_2

Smidori_3

« 根津青山の庭 | トップページ | 寄席は出前で… »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤き実よ:

« 根津青山の庭 | トップページ | 寄席は出前で… »