« 善光寺さん | トップページ | 平原綾香さん »

2009/05/17

ムサシアブミ

過日、薬湯に入ろうと銭湯へ行きました。フロントの

出窓に見慣れない鉢花がありました。華やいだ蘭や

クレマチスの鉢に混ざってなんだか忍者みたい

「これ、花なの? それとも葉だけ?」フロントの空き

をみて訊ねました。「ムサシアブミっていう花なのよ」

Kさんのご機嫌は今ひとつ…でしたが話してくれました。

Smidori 「子ども時代に裏山に遊びに行って

よく見つけたものよ。これって気味悪い

格好でしょ、だから覚えているの」

珍しい野草だからと持ってきてくれた

そうです。「へ~ぇ、見るの初めてだわ」

ムサシアブミ、乗馬の鐙に似ているところからこの名

があるが、武蔵の国の鐙が優秀だったことからムサシと

名付けられたので、関東以西、四国、九州の山地でも

見られる。秋、実はイチゴのように赤くなる。根塊は漢方

薬にも使われるが、有毒なので食べないこと。

(オンライン植物図鑑から)。

Kさんの記憶のなんだか気味わるい花、という言葉に

納得できました。でもね、握り拳のような愛嬌だって

感じませんか??

 

« 善光寺さん | トップページ | 平原綾香さん »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ムサシアブミやマムシグサはちょっと独特な形ですよね。
赤い実も不気味な感じ
でも 野山で見ると ちょっと嬉しい植物です。
ブログにアップしそびれましたけど ムサシアブミ 私は4月に公園で見ました。

鉢で育てる事ができるんですね~、
難しそうな気がしますけど、素晴らしいです。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムサシアブミ:

« 善光寺さん | トップページ | 平原綾香さん »