« 御苑 八重桜 | トップページ | ことしの牡丹 »

2009/04/28

白き花 いとし

古びた建物(集合住宅)を取り囲んでいる植え込みは

四季折々の植物が根を張っており、やすらぎを

与えてくれます。表側の植え込みは柘榴の若緑が

萌え、古株のコデマリがゆさりと風に揺れています。

裏庭の長い植え込みの隅を在所にしてスズランの

小さな白い花が咲き初めました。

Smidori Smidori_2                 

            Smidori_3     Smidori_4            

鈴蘭=小さい可憐なこの花を待っていました。

5本の八重桜が盛りを過ぎて散り始めると、

緑いっぱい広げた葉影から、細い花茎が

顔を出すのがいとおしい感じです。

数年前はほんの二株三株だったのに、

ぐんぐん根を伸ばして主顔をしています。

朽ち葉の積もる黒い土が気に入り、逞しく

増殖したのでしょうか。

 雨の後、とっておきの群落の上にかぶさって

いる枯れ枝などを払ってやり、少しでも長く

咲いていてね、と囁くのです。

「白い花が好き」とは新田次郎先生から最初

にお聞きした言葉でした。若気の至りでそれを

聞き流した私でした。ようやくいま、こころから

「白い花が好き」と言えるようになりました。

Smidoriimg_0827        (路地の家の庭で)   Smidoriimg_0828      

« 御苑 八重桜 | トップページ | ことしの牡丹 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白き花 いとし:

« 御苑 八重桜 | トップページ | ことしの牡丹 »