« 朱鷺、佐渡の空に! | トップページ | 佐渡・朱鷺便り »

2009/01/31

寒葵咲いた

Kさん宅のパンダカンアオイ、06年、07年とこの欄に

載せました。昨年はわけあって咲くことができませんでした。

「嬉しいことがあるのよ、パンダ、咲きました」Kさんは

出窓に並んだ鉢の一つを指差して頬笑みました。

         Smidori_3

山中の陰地に生じ、初冬から早春にかけて開花。

根茎から短い茎を出し、その頂きに一葉一花。肉厚い

萼(ガク)は三片に裂け、花弁はない。ハート型の葉の

表は濃緑色で白斑、白脈あり。冬をしのいで常緑。

(山本健吉編 最新俳句歳時記 冬)よりSmidori_2

花ではなくてガク

ですが、つくづく

観ると可愛いん

ですよ。

Kさんの裏庭は浴場内部の修理で荒らされて、育成中

の草花は避難できずに枯れたのだそうです。それでも

根強く生きていたカンアオイ 祝福します

« 朱鷺、佐渡の空に! | トップページ | 佐渡・朱鷺便り »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
タマノカンアオイのお花をブログにアップしました。
カンアオイつながりでTBさせていただきました。
あっ それと記事へのリンクも・・・事後報告でごめんなさい。
宜しくお願いします(^o^)丿ペコッ

なをさん、パンダカンアオイ、可愛いでしょ。
山蔭に人知れず咲く花はとても地味。葉は
徳川家の紋どころや京都の賀茂の葵祭りで
知られてる…、地面に根付いて環境の変化に
負けないの。偉いなぁと思います。

こんばんは。

パンダカンアオイさん♪
初対面です(^_^)

ごめんなさい。
以前のページを拝見していなかったようですm(__)m

それにしても、本当にパンダちゃんみたい!!!
植物園に行ったら、出逢えるのでしょうか?
逢いたいなぁ~~

zuccaさんは自生種のタマノカンアオイを
ご覧ですね、私も見たいです。というのは、
足田輝一さんの「草木の野帖」に写真が載って
いて、とても地味だからです。カントウカンアオイ
とタマノカンアオイがあり、タマノは四月頃咲く
とあります。「武蔵野に今も生きて、この葉に
産み付けられた卵から、ギフチョウという早春の
美蝶がかえってくる。自然の歴史は、滔々として
悠久である」…の文章に感動しました

こんばんは~。
寒アオイ 環境の変化にもめげず また咲いたんですね♪
良かったですね~♪♪
こちらではタマノカンアオイが自生していますが、
見た目 とても地味です。
それに引き換え パンダカンアオイはキレイですね
一度 本物を見てみたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寒葵咲いた:

« 朱鷺、佐渡の空に! | トップページ | 佐渡・朱鷺便り »