« 菊花展 Ⅱ | トップページ | 柘榴はじける »

2008/11/25

銀杏並木

19日、国立市富士見台のN学園へ行きました。

社会福祉コースの専攻科生と終了生全員に送る

CS機関誌の全国発送を手伝う半日です。

 定刻より早めにバスを降り、銀杏並木の道を

歩きました。風がなく、降り注ぐ陽射しを受けての

黄葉し尽くしたとでもいう風情の枝々が歩道に

影を落としていました。ふわっと軽い、扇子型

の葉の容がこよなく好きです。舞落ちて重なり

合い、やがて土に還る頃、幹を護衛するように

空へ向かい立つ枝も……。

 都心部の銀杏並木はまだ緑のままでいます。

電車とバスで1時間ほど離れた郊外で、

美しい黄葉に出会え、豊かな気分の朝でした。

Smidorikc2a0014

 

« 菊花展 Ⅱ | トップページ | 柘榴はじける »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

なおさん。初冬の街はなんとなく寂しい
感じです。だからでしょうか、銀杏や
ユリの木の黄葉が気持ちを和ませてくれます。
恒春園で黄葉をご覧になったのですね。
 明治の趣の残る庭、懐かしいです。
六義園の紅葉を観に…と思いながら、雑事に
かまけてしまいました。
 

銀杏黄葉 素敵ですね

一昨日、芦花公園の徳富蘆花の「恒春園」に行ってきました。
蘆花旧宅の周りの庭園にある銀杏も黄葉していて
とても綺麗でした

「紅葉」は冬の季語にして欲しくなりますね(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏並木:

« 菊花展 Ⅱ | トップページ | 柘榴はじける »