« 試験放鳥の朱鷺 | トップページ | 木犀と柘榴 »

2008/10/06

秋の招き

ひと雨ごとに涼気が濃くなり、この秋は足取り早くSmidori

深まってゆくようです。買い物ついでに回わり道したSmidori_2

路地の家の垣根にホトトギスの花を見つけました。

「一年ぶりにまた会えたね」通りがかりの人々を

愉しませて、どんどん株根を増やしています。

私は咲き始めた数輪の花びらを愛でて垣根に蹲り

ひとりごとの挨拶をするのです。

 教会の前を少し行った角地の小さな児童公園にはSmidori_3

L字型の柵に沿って灌木が植えてあります。そんな

一隅に手毬のような花が揺れていました。近寄ると

いい香りがしました。すると、藤袴かしら…。       Smidori_4

確かめたいと思っても公園には人影なく、

夕日を受けて自己主張している水引の花になんだか

懐かしさを覚えるのでした。            Smidoriimg_0548

« 試験放鳥の朱鷺 | トップページ | 木犀と柘榴 »

都会の四季」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん。
こんなに早く教えてくださってありがとうございます。
ボタンクサギというのですね。通り道の公園ですが
これを見たのは初めてでした。たぶんだれか、苗木
を植え込んだのかも…と思っていました。茎に赤味が
あり、勢いよく伸びそうです。
 zuccaさんの豊かなお写真を愉しみながら知識不足
を環境のせいにする自分を恥ずかしく思います

今年は秋の訪れが早い気がしますね。
ホトトギスも秋の使者ですね、こちらも沢山咲いていますよ
毛毬のような花 ボタンクサギ(牡丹臭木)だと思います。
葉には異臭がありますが、花は良いにおいだそうです。
葉の匂いをかがなくて良かったですね(^^ゞ

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の招き:

« 試験放鳥の朱鷺 | トップページ | 木犀と柘榴 »